転職するにあたって

2017年11月14日(火)
【今の職に就いている間に、転職活動を始めて転職】
今の職に就いている間に、転職活動を始めて転職先が決まってから辞めるのが一番です。


退職してからの方が時間の自由がききますし、すぐ働けますが、転職先がすぐに決まらないこともあります。


職の無い期間が半年以上を過ぎると、さらに就職先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないことをお勧めします。


異業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実情はどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。


しかしながら確実に無理という事ではないですし、懸命に努力を重ねれば異業種に職を変えられることもあるでしょう。


面接での身だしなみに関しては、返す返すも注意しましょう。


清潔感漂う服装で面接を受けるのが大切です。


緊張するだろうと思いますが、粘り強くシミュレーションしておき、本番に備えるようにしておいてください。


面接の時に問われることは大体決められていますので、前もって答えを準備しておくことが大事です。


給料アップのための転職を希望されている方も多いことでしょう。


確かに転職をすればお給料が増えることもあると思います。


でも、反対に年収の減少を招いてしまう恐れも考えられることを十分考えておきましょう。


年収を増やすためには、いかに高年収の仕事を落ち着いて探すことができるかが重要なポイントとなります。


どうしたら後悔のない就職ができるでしょう。


それはやはりすぐに会社を退職せず、在職したまま転職先を見つけ、転職先を決めてから、辞表を出すことです。


職を辞めてしまってから転職先を探そうとすると、次の就職先が見つけられない場合、決まらなかったらどうしよう、という焦りを感じ始めます。


それに、経済面で困る可能性もありますので、転職先を見つけてから辞めるのが賢い方法です。


また、自分の力だけで転職しようとしなくても頼れる人を探すことも一つの方法です。


22:00







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++