転職するにあたって

2021年01月13日(水)
【転職活動は在職期間中から行い、転】
転職活動は在職期間中から行い、転職する先が決まってから辞めるという形が理想です。


退職してからの方が自由な時間も多くなりますし、すぐに働き始められますが、転職先がすぐには決まらないということもありえます。


無職の期間が半年以上になると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで今の職を辞めるのはよくありません。


転職の際に有利な資格というのは、専門職以外は少ないようですが、持っている資格が有利に働くのは、なんといっても、国家資格が一番のようです。


なかでも、建築・土木系の中には建築士のようにいわゆる「業務独占資格」と呼ばれるその資格を未取得のままでは実際に業務ができないという仕事も多々あるので、狙ってみてはいかがでしょうか。


今までと違う業種に転職するのは難しいと考えられていますが、本当のところはどうなのでしょうか?まず、結論からいうと異業種への転職はやはり簡単ではありません。


経験者と未経験者の両方がいた場合、採用担当者は、経験者を選択する可能性が高いです。


ただ、採用される可能性が皆無だというわけではないので、努力によっては転職が成功することもあるでしょう。


転職をするときに求められる資格というのは、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。


特に建築や土木関係では、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を有していないと実際に仕事に就けないという仕事がたくさんあるため、狙い目となっているかもしれません。


焦燥感に駆られながら転職活動をすると、目先の事にとらわれて、年収が低くても働ければいいかと仕事を選んでしまうこともあるでしょう。


その結果、転職前よりも年収が低くなってしまう事もあります。


これだと、一体何のために転職したのかわからなくなります。


年収をアップしたいのであれば、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。


17:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++