転職するにあたって

2020年03月26日(木)
【時と場合によっては、転職に失敗することも割とありがちで】
時と場合によっては、転職に失敗することも割とありがちです。


やっぱり、転職前の仕事が良かったと思ってしまったり、給料が悪くなったり、転職先の空気に合わない事もあるようです。


転職をして良かったと思うためには、念入りに調べる事が重要です。


それから、自分の魅力を伝える力も必要なのです。


気持ちが先走る事無く取り組んでください。


中には、転職しようと思った時に自己PRが苦手だと感じてしまう人も多いですよね。


まだ自分の良さが理解できていなくて、しっかりとPRできない方も少なくないですよね。


転職用サイトの性格診断テストを役立ててみたり、周囲の人に聞いてみるというやり方も可能です。


更には、もし、働くことができたら、どのように役に立てるのかを考えるのも重要です。


転職する時に記入する履歴書では、今までの職歴をどんな相手でも理解できるように書いてください。


これまでの業務内容を把握できれば、入社してすぐに活躍できるか、採用する側もイメージすることができます。


そして、履歴書に用いる写真はかなり大切なので、少し手間はかかりますが、きちんとしたところで、撮影してもらうのがベストです。


誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、面倒でも、新しい履歴書をつかってください。


どのような転職理由がいいかと言うと、まず心から転職したいと思ったわけを思い出してください。


そのままストレートに言うわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。


そして、それがネガティブに受け取られないように表現の仕方を変えてみてください。


転職理由の部分が長いと言い訳しているように受け取られるので、なるべく短くなるように気をつけましょう。


長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「効率を重視した仕事がしたい」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい仕事にチャレンジすることで、自分を成長させたい」とすれば問題はないでしょう。


たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスになることもあるのです。


履歴書の書き方は、150文字から200文字で書くのが理想です。


04:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++